震災通信2015年3月

—-

2015年3月11日号
the-people

2015/03/11 22:23:43

皆様、あの日から今日で丸4年。

大きな節目の日を迎えています。

皆様はどんな風に今日という日を過ごされるのでしょうか?

今朝のNHK全国ニュースでの中継は双葉郡富岡町からでした。

宮城や岩手の津波被災エリアではなく、福島の原発事故の影響が色濃く残る街からの
中継。

昨年9月から通行できるようになった国道6号線沿いに積み上げられた除染廃棄物のフ
レコンバッグの山や、路地ごとに設けられたバリケードが映し出されていました。

そして、いわきでのコミュニティ問題が続いて語られました。

あの日からの時間の経過と抱える課題の変容が伝わってきました。

この現実を、心の片隅に置いて今日一日を過ごしたいと思います。

ザ・ピープルでは、今夕催される「第4回3.11祈りのつどい」(主催:3.11希望の
灯りプロジェクト実行委員会)の応援をさせて頂きます。

いわき市平中央公園に、皆の願いを書いたカップロウソクを灯して東日本大震災の慰
霊と復興を祈願するという集いです。

この公園には、大震災後に神戸の阪神・淡路大震災の鎮魂と復興のモニュメントであ
る「1.17希望の灯り」より分灯頂いて神戸よりいわきまで徒歩で運んできた灯りが灯
り続けています。

二つの震災をつなぐ灯りを囲み、犠牲になられた方々の無念に思いを馳せ、今を生き
る私たちが成さねばならぬことに思いを巡らすひと時を、多くの人たちと分かち合い
たいと思います。

一方、いわきおてんとSUN企業組合では、今夜いわき市平のCLUB SONIC IWAKIで開
催される「ASYLUM15 in Fukushima」へ、廃食用油で生み出した電気による音響電力
供給をさせて頂きます。

震災の体験から私たちが導き出した結論は、「今までの当たり前を見直し、未来を自
らの手で創り出さなければならない」ということでした。

その思いが1台の車両にギュッと詰まったものが、今回の電力供給で活躍することに
なる電源カー「おてんと号」です。

皆が持ち寄った天ぷら油で生み出した電気で拡げる歌声には、きっと未来に向けた力
強いメッセージが込められることでしょう。

この「おてんと号」の紹介を含め、いわきおてんとSUN企業組合のHPがリニューア
ルされています。

是非、この節目の日に覗いていただけたら嬉しく思います。

http://www.iwaki-otentosun.jp/

今週末から、宮城県仙台市では「2015防災世界会議」が催されます。

そこは、国や自治体が目指すべき世界的な防災の指針を決めるために世界各国の代表
が集まり議論を重ねる場です。

一方、災害時に「自助」「共助」を担う市民も防災の大きな担い手として「市民防災
世界会議」をほぼ同時開催しています。

この「市民防災世界会議」を運営するJCC2015の参加団体として、ザ・ピープルとい
わきおてんとSUN企業組合も関わりを持たせていただいています。

そして、その中で私自身2度ほどお話をさせていただく機会を頂いています。

その1、パブリックフォーラム。タイトル「東北の美しい未来づくりをここから」第
3セッション。

認定NPO法人JKSK女性の活力を社会の活力に(本部東京)が東日本大震災後、被災地と
首都圏の女性たちの交流による復興推進「結結プロジェクト」を実践してきた報告
と、これからの美しい未来づくりに関する提案。そのなかの活動報告・パネルディス
カッションに参加させていただきます。

日時:3月15日(日)第3セッション(16:00~18:00) 会場:TKPガーデンシティ
仙台勾当台3階ホール3

主催:大震災と向き合うために・未来の地域づくり人材育成ネットワーク

http://www.jksk.jp/j/yyp/yyp_mirai150227.html

その2、ワークショップ「災害復興事の女性の活躍~地域経済復興の視点から~」。

東日本大震災やAPEC域内での復興過程における女性の活躍について事例調査を行い,
調査結果を報告するセミナー。女性の起業に関する事例の一つとして報告させて頂き
ます。

日時:3月18日(水)(14:00-17:00) 会場:エル・パーク仙台

主催:外務省・内閣府

http://www.sendai-l.jp/jbf/symposium/#anc08

また、ザ・ピープルとしては、JKSK、JCC2015と共に、福島浜通りの視察ツアーを3月
18日に計画しています。

会議会場である仙台市を出発して、再開通した国道6号線を南下。

南相馬市~いわき市に至る福島県浜通りでの現状を直接目にして頂くと共に、オーガ
ニックコットンプロジェクトやソーラーでの電源供給などいわきでの未来づくりの取
り組みを紹介させて頂くバスツアーです。

世界会議の会場に集まって来られる市民活動家の方たちに参加頂きたいと、現在募集
を行っています。

今だから伝えられることを、是非、この機会に伝えたいと思います。

吉田恵美子

特定非営利活動法人 ザ・ピープル 理事長

事務局 〒971-8101 福島県いわき市小名浜蛭川南5番地の6

TEL 0246-52-2511

FAX 0246-38-9538

携帯 090-2881-3107

URL: <http://www.iwaki-j.com/people/> http://www.iwaki-j.com/people/

いわき市小名浜地区復興支援ボランティアセンター センター長

事務所 〒971-8164 福島県いわき市小名浜君ヶ塚町13-6

TEL/ FAX 0246-92-4298

<http://onahama-volunteer.jimdo.com/> http://onahama-volunteer.jimdo.com/

いわき おてんとSUN 企業組合 代表理事

事務所 〒970-1152 福島県いわき市好間町中好間字川原子作17-1

TEL 0246-80-0662

FAX 0246-85-5978

<http://www.iwaki-otentosun.jp/> http://www.iwaki-otentosun.jp/

DO YOU COTTON?(コットンプロジェクトの今をご覧いただけます)

<http://doyoucotton.jimdo.com/> http://doyoucotton.jimdo.com/