震災通信2014年12月

—-

2014年12月9日号
the-people

2014/12/09 19:11:40

皆様、
先週末各地を襲った雪の便りに、慌ててスタッドレスタイヤへの履き替えへと走りました。
開店1時間前から並び始めた行列は、開店時には40名ほどに伸びていました。
雪の少ないいわきでも、雪への備えを急がねばと感じさせられるこの状況。
皆様の地域では如何でしょうか?
雪の害が少なくて済むことを祈りたいと思います。

福島県浜通りでは、12月6日、常磐道が浪江~南相馬・相馬~山元(宮城県)間で開通しました。
一般道である国道6号線の全線通行再開を追うように進められている、高速道路の整備。
残すは常磐富岡~浪江(14.3km)間のみということで、来春の全線開通に向け大きく弾みがついたようです。
ただ、一般道でも自動二輪車の通行は禁じられ、路地への入口にはバリケードが設けられています。
それが意味することをちゃんと受け止めなければならないと思います。

コットン畑の様子がヘンです。
昨年以上の収穫があるものと期待に胸をふくらませていたのですが、どうも収量が思うように伸びていかないのです。
3年目の栽培となった今年。
確かに各圃場でのコットンの枝ぶりは悪くなく、コットンボールもついているので、安心して「昨年以上の収量が期待できます!」と言い切っていたのですが、この時期になってもコットンボールが弾けない圃場があちらこちらに出ているのです。
それぞれの圃場での栽培に関わる仲間の間では、「定植時期が遅かったためなんだろうか?」「肥料分が足りないのだろうか?」「夏の暑さ不足だろうか?」と思い思いの原因分析が始まっています。
栽培3年目にして、連作障害が出ているのではないかとの声も出始めています。
ただ、先日全国コットンサミット(全国各地でコットン栽培を行っておられる方々が年に一度集まって情報交換をする場です。この中で、今年、「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」はJOCAから表彰をしていただきました)開催時に訪れた愛知県蒲郡市のコットン畑でも、今年は生育が1ヶ月ほど遅れていると話しておられましたから、私たちのみの問題ではないのかもしれません。
1年目から、2年目、3年目と経験を積むことがそのままストレートに成果に直結する訳ではない…自然相手の農業の難しさを、またもや思い知らされる日々です。
それでも、前に進んでいるのだと信じたいと思います。

いわきおてんとSUN企業組合が、事務所を移転しました。
これまでは市内小名浜地区のショッピングモールの中、ザ・ピープルの事務所内に間借りするような形になっていました。
しかし、建物の性格上19:30には退出を求められる事務所では押し寄せる業務量をこなし切る事が難しく、スタッフ増員により手狭になったこともあり、引越しを決意しました。
今度の事務所は、市内好間地区の田園地帯の一軒家です。
いわき中央インターから2kmというロケーションと、7LDKという願ってもない広さ。
畳敷の広間の連なりに、エコツーリズムの拠点施設にできるのではといったアイデアが膨らみます。
道の向かい側にブロック製造会社があり、復興需要の高まりの中、終日操業の音が聞こえて来るというおまけがついてはいますが、それでもこれまでの窓のない事務所での作業に比べればずっと心穏やかに仕事に向かえそうです。
そして、前庭にはおてんとSUN企業組合自慢の電源車が停まっています。
この建物自体を独立電源で賄えるようにするのが、私たちの次の目標です。
ここだからこそ、私たちだからこその魅力あふれる事務所に…。
是非、機会があればお立ち寄りください。

今年最後の展示会出展、エコプロダクツ2014への出展が迫ってきました。
「ザ・ピープルでは今年は出展しないんですか?」とのお問い合わせを頂きましたが、エコプロのサイト上にザ・ピープルの名前が見当たらないためのお問い合わせだと思います。
出展名は「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」。
例年通り、ザ・ピープルの活動全般もお伝えしますが、3年目になった「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」の現状を知っていただき、どこか繋がれるところを見出していただきたいとの思いでの出展になっています。
会期は、12月11~13日。会場は東京ビッグサイト。ブースはN-08です。
私自身は、11日終日と12日午後を担当することになっています。
会場で皆様のおいでをお待ちしております。

エコプロを一日早く出て、私は12月13日に福島県二本松市で開催されるパネルディスカッションに向かうことになっています。
主催は、復興庁と福島県男女共生センター。
事業名は、平成26年度未来館エンパワーメント塾関連事業 パネルディスカッション「女性の活躍が復興を加速する」(とき:13:00~15:15 ところ:福島県男女共生センター研修ホール)。
復興に女性の力を活かすためのディスカッションとか。
新たな出会いがありそうです。
お近くの方、いらっしゃいませんか?

吉田恵美子
特定非営利活動法人 ザ・ピープル 理事長
事務局 〒971-8101 福島県いわき市小名浜蛭川南5番地の6
TEL 0246-52-2511
FAX 0246-38-9538
携帯 090-2881-3107
URL:http://www.iwaki-j.com/people/
いわき市小名浜地区復興支援ボランティアセンター センター長
事務所 〒971-8164 福島県いわき市小名浜君ヶ塚町13-6
TEL/ FAX 0246-92-4298
http://onahama-volunteer.jimdo.com/
いわき おてんとSUN 企業組合 代表理事
事務所 〒970-1152 福島県いわき市好間町中好間字川原子作17-1 (住所・電話番号が変更になっております)
TEL/ FAX 0246-80-0662
http://www.iwaki-otentosun.jp/
DO YOU COTTON?(コットンプロジェクトの今をご覧いただけます)
http://doyoucotton.jimdo.com/